より良き人生と笑顔を。         

小さな書留がいつか膨大なデータとなることを願うITエンジニアのブログ





SSL/TLS って。

なんの略だかわすれやすいセキュリティのお話。

セキュリティがますます大事になってますね。

不用意なメールは開かない、アクセスしない。

HTML表示しない。

 

なんてよく聞く話。

 

そんな注意してる人ほど

問い合わせメールにリンクがあると思わず開いてしまう。

習慣は怖い怖い。

ウイルス対策は大事ですね。

 

そうそう、昔とあるPJのウイルス対策チームの支援をしていて

ばんばんセキュリティソフト導入・構築した経験あります。

 

これみると面白い。

thehikaku.net

 

話がぶれましたが、要は

漫画は読みやすいってこと。

www.sslcerts.jp

 

以前書いた、脳がリラックスしてると頭に入りやすいってやつです。


追記

前もこのサイト紹介してた。。

まぁそれだけ印象的だってことです!

スマホアプリがSDカードに移動できない件

いつの間にか仕様になったらしい。

 

だけで調べてみると、前もってた機種でもできなかったみたい。(意味深

 

xinroom.net

 

開発者オプションだとできるらしい。

無意識にこれ入れてました。

 

あくまで開発者向けだからですかね。

とりあえず、ダメなのかな。

 

しかし新しく買ったのに8Gしか容量ないって少ないのかね。

昔は多く感じたんだけどなぁ。


★追記

移動はできないらしい。

というより、できなかった。

容量どうするかねぇ。


http://nova-lite-huawei-wiki.fxtec.info/wiki.cgi?page=Android%207.0%20Nougat%20%A5%A2%A5%C3%A5%D7%A5%C7%A1%BC%A5%C8%A4%DE%A4%C8%A4%E1

 

Mastodon(マストドン)を勝手にまとめてみました。

たまたま昨日ITmediaかなんかを漁っていたらたどり着きました。

新しめのSNSMastodon(マストドン)

 

ミーハーなので、ちょこちょこ触ってみましたが結構面白かったので

メモがてら勝手にまとめました。

 

秘密結社鷹の爪団風に。

勝手にマストドンCM(まとめ)~。

 

・投稿が500文字(ミニブログっぽい)

・タイムラインの流れが異常にはやい(横に常時表示されてるから?)

・何となく、リアルタイムを実感できる

・趣味ごとに参加するグループ(サーバ)に参加する

・そのなかでトゥート(騒ぐイメージ

・体感やりとり早い

・趣味ごとに所属するイメージなので、グループ(インスタンス)が複数あり

 それぞれ参加する場合、それぞれで登録しないといけない(のだと思う

 

趣味グループに参加するイメージは「Pawoo(パウー)」がわかりやすかったです。

www.pixiv.net

 

@glaytomohiko

で登録してみました。

ちょこちょこ利用してみようと思います。

 

他そうさなどご紹介。

※後はリンク張ってるだけです

gihyo.jp

 

furien.jp

 

www.itmedia.co.jp

SSL/TSLを改めて理解する

いわゆるセキュリティの話なんだけど

こう略されるとわけわからなくなる+利点をわすれるのでメモ。

 

www.sslcerts.jp

読み物 p3 年齢ごとの学習法

全部読み切れてないけど、記事に惹かれたので。

mirai.doda.jp

 

読み切れてないと書きながら、たった今読み切ってしまった。

 

30歳を超えたら、「学習法」を変えないといけない。「自分が試される場」にどの程度身を置けるかが、勝負である。 

 

最後にこの言葉がくるが、読み切るとこの言葉の重みがわかる。

 

あ~そうなんだなぁ。

経験がないのはインプットで事足りるけど、実際抽象的なものを扱うには

アウトプットが大事なんだなぁと。

 

そもそも、この記事を書かれている方に魅力をものすごく感じてます。

読みいってしまいました。

 

どうやらブログをやられてるみたいなので即時ブックワークしましたとさ。

 

自分もこの方のように文章をかける

人間になりたいと思う、今日この頃でした。

 

今日は頭痛もないし、非常に気分もいい感じです。

 

プレースホルダーとは

プレースホルダー。

仮に入力しておく場所。

 

テキストボックスに薄い文字で[例文]仮入力されているようなアレ。

良く忘れるメモ。

 

 

e-words.jp

共有サーバにつなげないときとか、ドメインについてとか、.local

読み物メモ。

 

news.mynavi.jp

 

www.atmarkit.co.jp

 

.localの考え方みたいのが書かれています。

 

共有サーバにつなげなく

確認方法はnet useを使いました。

 

net use で現在接続しているIDの確認

不要なものは

net use ${ホストネーム} /delete

接続(ユーザ)

net use ${ホストネーム}\${ID}

IDとパスを入力

 

接続できるようになりました。

シャットダウンじゃ前回のログイン情報が切れない場合があるみたい。

ログオフが良いらしい?